HOME >> WEBデザイン・制作[TINYの行うWEBデザイン・制作]

TINYの行うWEBデザイン・制作

WEBサイトにとってのデザインの重要性

WEBサイトにとってデザインはいわゆる人間で言う見た目であり 骨はシステムやユーザービリティー、中身がコーディングといえば分かりやすいと思います。 ですので、デザインもとても重要だとTINYでは思っております。 昨今、SEO対策やWEB標準ばかりが目に留まり、デザインを軽視するクライアント様も多いですが SEO対策のためにキーワードを乱雑に配置したりするとどうしてもデザインが崩れ、情報もまとまりにくいものです。 先ほどいったように、デザインはいわゆる見た目です。多くの人の目に留まるWEBサイトを立ち上げたからには 見た目の良い、人に見せても大丈夫なWEBサイトを作ることは大切なことではないでしょうか。

デザインの最終決定権はユーザーにある

WEBサイトを立ち上げてからは、そのサイトのオーナーであり会社で言う代表取締役です。 WEBサイト立ち上げ前は、WEBサイト制作業者とクライアント間でデザインを決めますが、 それで良いのが出来たと思うのは間違いです。立ち上げ前に行うデザイン設計というのはより綿密に行ったとしても たたき上げだと思ってます。社長が良い商品を仕入れても、お客様に認知されなければただの売れ残り商品になるのと 同じように、ユーザー目線でデザインも考えるべきだと思ってます

ユーザーの視点で考えることによって自ずとデザインは決まる

ユーザーの視点とクライアントの視点とは必ずしもイコールではないのは当たり前で ユーザーも多種多様いますし、トータルで考えるのはとても困難です。 ユーザーターゲットを絞れば、そのユーザーにあった色の配色や文字の大きさ、情報の整理なども容易に出来 デザインも自ずと決まってくるのではないでしょうか

先を見据えた、デザイン設計はとても大切

将来的にもっと大きなコンテンツを取り入れたりシステムを取り入れたりしたいが とりあえず、前段階で手軽にWEBサイトを作りたいと思ってるクライアント様は非常に多いです。 デザインの部分で考えなければいけないことは、ゆくゆく大きくデザインが変わるような前段階だと いざ、デザインを変更する時に料金がかさみコスト的にも大きな支出となります。 ゆくゆくと考えていても、まずは将来像をしっかりと具現化しそこからマイナスのデザインを行うことが 大切だと思っております。

TINYのこだわりは "トータルバランス"

配色、フォント、画像、をWEBサイト全体でバランスよくデザインすることにより ユーザビリティーの向上に努めております。

【PR】 >>サイト売買・販売 >>風俗・デリヘルホームページ制作 >>出産祝いギフト >> 赤ちゃん/子ども用ブレスレット